お知らせ

スポーツ庁

「スポーツエールカンパニー2022」申請受付開始

2021.09.16

  • #ビジネスパーソン
  • #女性
  • #障がい者

~従業員の健康増進の為にスポーツ活動に対する支援や促進に向けた取組をする企業を応援します!~

今年度より、連続認定企業として、5年から6年目はブロンズ、7年から9年目はシルバー、10年目以上はゴールドとします。さらに、従業員の週1回以上のスポーツ実施率が65%以上の企業には+(プラス)を付与いたします。



スポーツ庁では、運動不足である「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、従業員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取組を行っている企業を「スポーツエールカンパニー」(英語名称:Sports Yell Company)として認定します。

スポーツ庁が実施した世論調査において、成人の週1回以上のスポーツ実施率は59.9%にとどまっており、特に20代~50代の「働き盛り世代」のスポーツ実施率が全体の平均よりも低くなっています。これらの世代では、仕事や家事・育児によりスポーツを実施する時間がないことを理由に挙げる人が多く、健康的なライフスタイルを定着させるためには、一日の大半を過ごす職場において、スポーツに親しむきっかけづくりを進めていくことが重要です。スポーツ庁では、朝や昼休みなどに体操・ストレッチをするなどの運動機会の提供や、階段の利用や徒歩・自転車通勤の奨励、あるいはスタンディングミーティングの実施など、スポーツ競技に限らず、従業員の健康増進のためスポーツの実施に向けた積極的な取組を行っている企業を「スポーツエールカンパニー」(英語名称:Sports Yell Company)として認定しています。本年度も本日(9月15日(水))から「スポーツエールカンパニー」の申請受付を開始します。今年度より、連続認定企業として、5年から6年目はブロンズ、7年から9年目はシルバー、10年目以上はゴールド、さらに、従業員の週1回以上のスポーツ実施率が65%以上の企業には+(プラス)を認定し付与いたします。認定された企業の名称や取組についてはスポーツ庁のホームページ等で公表します。本制度により、従業員がスポーツに親しめる環境づくりを進める企業の社会的評価が向上することで、「働き盛り世代」をはじめとして、国民全体のスポーツ実施率の向上につなげていきたいと思います。

申請手続等の詳細については、こちらをご覧ください→
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/boshu/detail/1419327_00002.htm


<募集要項(抜粋)>

○申請対象
本制度における「企業」とは、社団法人、財団法人、特定非営利活動法人等を含むものとします。 なお、国内に本社又は事業所が所在することが条件となります。

○申請について
別紙様式について、必要事項を記入し、申請を行っていただきます。

○想定される取組
・朝や就業中の体操・ストレッチ時間の設定など従業員への運動機会の提供
・階段利用の推進や徒歩通勤、自転車通勤など通勤時の奨励策
・スタンディングミーティング、スタンディングワークの実施
・終業後、休日などの地元のスポーツイベントや企業運動会への参加
・その他、従業員自身のスポーツ活動の実践に資する取組
(注意事項)
「スポーツエールカンパニー」の認定は、従業員自身のスポーツ活動の実践に資する取組が対象となります。従業員のスポーツ観戦を支援する取組や、スポーツ団体やアスリート大会を支援している等の取組については対象となりませんので、御注意ください。

○連続認定企業について
本制度に連続して5年以上認定を受ける企業には、認定期間等に応じて以下のとおり連続認定企業として認定マークの色及び呼称を付与します。本認定を希望される場合は、別記様式に必要事項を記入の上、申請を行ってください。
(ア)認定期間5年~6年:Bronze(ブロンズ)
(イ)認定期間7年~9年:Silver(シルバー)
(ウ)認定期間10年以上:Gold(ゴールド)
(エ)上記(ア)~(ウ)の連続認定企業のうち、従業員の週1回以上のスポーツ実施率が65%以上の企業:+(プラス)

○応募期間
令和3年9月15日(水曜日)~11月22日(月曜日)

○スポーツエールカンパニーの公表等
本年12月頃に、スポーツエールカンパニーとして認定された企業をスポーツ庁ホームページ等で公表し、認定証及び認定マーク等を交付します。
※スポーツエールカンパニー2021の認定企業と取組事例はこちら

【スポーツエールカンパニーへの応募に関する問合せ】
スポーツエールカンパニー認定事務局
E-mail:info@go-sportinlife.jp