Sport in Life

公募

令和2年度「Sport in Life推進プロジェクト
(ターゲット横断的なスポーツ実施者の増加方策事業)」
公募要領(スポーツ庁委託事業)

本年度の公募は終了しました。

2020年6月15日

事業の趣旨

スポーツ実施率向上により、国民全体で「スポーツ」に親しみ、「スポーツ」に参画することの習慣づくりを広げていくことは、単に個々人がその恩恵に浴するのみならず、国民全体の健康寿命の延伸に寄与するという社会的な便益をもたらすものとして、今日強く期待されている。そのような中、スポーツ庁では「第2期スポーツ基本計画」(平成29 年3月、文部科学省策定)において、成人の週1回以上のスポーツ実施率を65%程度まで引き上げるという目標を掲げており、これまでは、子供、成人、女性、高齢者等のターゲット毎に事業を実施してきたところであるが、目標の達成には至っておらず更なる取組が必要である。

また、平成30年9月に策定した「スポーツ実施率向上のための行動計画」(以下「行動計画」という。)では、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会は、国民がスポーツに親しむ機運をより一層高める絶好の機会であるとし、更に、スポーツ実施率向上の打ち手となる施策を実施するためには、政府はもちろんのこと、地方自治体、産業界等を含む様々な主体が分野を超えて連携して、点から面の活動として取り組んで行く必要があるとしている。

本事業ではスポーツ参画人口の拡大に向けて、Sport in Lifeコンソーシアム加盟団体が連携・協働して実施する取組を後押しするとともに、先進事例を形成することにより、全国各地にスポーツ参画人口の拡大に向けた取組を展開するためのモデルを創出することを目指す。

※Sport in Lifeとは、一人でも多くの方がスポーツに親しむ社会の実現を目的としてスポーツ庁が目指す、生活の中に自然とスポーツが取り込まれている姿。(参考)Sport in Lifeホームページ:https://sportinlife.go.jp/

事業の内容

スポーツ実施者の増加に向けた事業を実施する。
受託者は本事業の目的達成に向けて以下の①~③の内容を実施する。

  • ①スポーツ実施者の増加方策の実施

    新たな週1回以上のスポーツ実施者の獲得を目的として、スポーツ実施者の増加に向けた事業を実施する。
    下記に事業例を示すが、スポーツ実施者の増加に向けた取組モデルの創出につながるものであれば、事業のテーマは自由に提案してかまわない。

    • ・先端的なテクノロジーを活用したスポーツ実施者の増加方策
    • ・趣味・こだわりを誘因としたスポーツ実施者の増加方策
    • ・地域におけるスポーツ実施者の増加方策
  • ②効果の検証

    本事業を通じて構築された取組モデルの横展開に向けて、本事業から得られた取組効果の検証を実施する。

  • ③事業成果の報告

    本事業の成果について報告を行う。

採択団体について

採択団体は下記をご参照ください。

採択団体一覧(2020/11/5更新)[PDF]