Sport in Life

What’s “Sport in Life”?スポーツ庁長官メッセージ

鈴木 大地

スポーツ庁 長官鈴木 大地

スポーツ庁は、一人でも多くの方にスポーツを楽しんでいただき、スポーツを行うことが生活習慣の一部となるような社会を目指し、「Sport in Lifeプロジェクト」をスタートしました。

2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会が目前に迫り、スポーツに対する関心や機運が高まりを見せています。この機運を生かして、自治体やスポーツ団体、そして経済団体、企業等がそれぞれ独自で進めるスポーツを推進する取り組みをさらに盛り上げていくことで、2020年東京大会のレガシーとして、多くの方にスポーツを楽しんでいただける社会を目指します。

本プロジェクトのシンボルとして「Sport in Life」のロゴマークを用意しました。スポーツ庁では、生活の中に自然とスポーツが取り込まれる(Sport in Life)ような取組を目指す自治体・スポーツ団体・経済団体・企業等を幅広く募ります。この趣旨に賛同し、スポーツ実施率向上に向けた取組を宣言する皆様に対して、「Sport in Life」 のロゴマークを付与し、ロゴマークを様々な場面で使用していただくことで、スポーツに親しむ機運とスポーツに取り組む関係機関の連帯感を創出していきたいと考えております。

この「Sport in Life」HPでは、「Sport in Lifeプロジェクト」にご賛同いただいた団体の一覧や、取組事例をご紹介させていただき、積極的にプロジェクトを発信してまいります。また、本プロジェクトは2020年東京オリパラ組織委員会より公認プロジェクトの認証を受けるとともに、経済界からは経団連からもプロジェクトの理念にご賛同いただきご協力いただけることになっており、2020年東京オリパラ組織委員会や経済界の皆様との連携強化はもとより、様々な分野の方々との連携、協力を図っていきたいと思います。是非、多くの方に本プロジェクトへ参画いただき、オールジャパンで2020年東京大会のレガシーとして、心身ともに健康で明るく活力のある社会を創出していきましょう。