Sport in Life

Sport in Life ConsortiumSport in Life コンソーシアム

Sport in Life コンソーシアムとは

スポーツ庁では、2020年東京オリパラ大会の機運を生かし、2021年度末までに国民のスポーツ実施率65%(スポーツ実施者を新たに1,000万人増加)の達成に向け、地方自治体、スポーツ団体、経済団体等オールジャパンでスポーツ振興に取り組んでいきたいと考えております。

この目標の実現に向けて、上記の趣旨に賛同した関係団体でコンソーシアムを構成し、コンソーシアム加盟団体によるスポーツ実施者増加に向けた取組や、加盟団体間の連携・情報共有などをサポートしていきます。

具体的なメリットの例

  • ①国費(委託事業)の活用
  • ②優良事例の表彰
  • ③広報ツールの活用(ロゴマーク・バナー・ポスターのダウンロード等)
  • ④中央幹事会による加盟団体間の事業連携マッチング、コンサルティング
  • ⑤情報の発信・共有(メーリングリストや掲示板等の活用)
  • ※一部準備中

Sport in Life コンソーシアム加盟要件

  • 「Sport in Life」の趣旨に賛同し、コンソーシアム加盟の意思を示した団体がご加盟いただけます(加盟の可否については下記の中央幹事会による承認が必要となります。)
  • 年度末には、スポーツ実施率向上に向けた具体的な取組の活動成果について、報告書をご提出いただきます。

※加盟要件の詳細は、「Sport in Life コンソーシアム規約」をご参照ください。

Sport in Life コンソーシアム
中央幹事会

地方自治体、スポーツ団体、経済団体等で構成され、Sport in Life コンソーシアムを担うものです。

Sport in Life コンソーシアム加盟の可否の判断や活動計画、活動報告の評価、及びコンソーシアム加盟団体によるスポーツ実施者増加に向けた取組や、加盟団体間の連携・情報共有などをサポートするための各種事業を実施します。